契約する前に礼金なし物件のポイントを押さえておこう

木のブロック

定期借家を借りよう

ファミリー

定期借家は通常の賃貸住宅と違って契約期間が決められているので、契約期間が満期になれば必ず退去しなければなりません。長期滞在に向いていない一方で家賃が安いというメリットもあるので、自分にとって都合が良いかどうかをよく考えた上で選ぶようにしましょう。

もっと読む

高級マンションがおすすめ

内装

生活をするときには快適さが重要になるので賃貸マンションを利用ときは注意しておきましょう。これはプラザタワー勝どきがおすすめで、駅が近く銀座へのアクセスも簡単です。また周りにはリラックス環境が整っていて、コンビニはスーパーも多くなっています。

もっと読む

東京に住むのであれば

アパート

都内で賃貸物件を借りる際は、勤務地から離れていない所で探す方も多くいます。特に、勤務地を基準に考える方であれば、新宿や渋谷に住んでみるのも一つの方法です。通勤が便利なのはもちろん住宅街に住む場合は、日常で使うお店なども数多くある為、住みやすいでしょう。

もっと読む

賃貸物件の初期費用を節約

女の人

様々な条件がある点に注意

賃貸物件を借りる契約を交わすにあたっては、書面上の契約を交わす共に、初期費用と呼ばれる費用の支出が必要になるケースが大半を占めています。この初期費用には敷金や礼金、家賃の前払い金や仲介手数料などが含まれており、それぞれが家賃換算で1か月分から2か月分ほど請求されるのが一般的になっています。つまり、少なくとも契約を交わした賃貸物件の家賃四ヶ月分ほどの費用が必要になるケースが多いのです。しかし、この初期費用は常に必要になるわけではありません。これは礼金なしや仲介手数料なしといった条件が提示されている物件を、数多く見つけることができるためです。ただし、これらの「なし」の条件は、重複する事もあれば、ひとつだけが採用されていることもある点には注意しておくといいでしょう。敷金礼金なし、仲介手数料なしが全て当てはまる物件は、その数が非常に少ないのです。

数十万円単位の節約が可能

様々な条件が「なし」になっている賃貸物件を探すメリットとしては、まず何よりも大幅な出費の節約に繋がる点を挙げることができます。仮に家賃5万円の物件借りるを想定をする場合、それぞれ家賃1ヶ月分が掛かるとすると初期費用は20万円必要になります。その一方、全てがなしの物件を探すことができればその20万円をそのまま節約することができ、礼金なしや仲介手数料なしといった条件ひとつだけでも当てはまれば、5万円を節約することが可能になるのです。特に礼金なしや仲介手数料なしの物件は、築年数がある程度経過した物件などにおいて比較的探しやすくなっているため、狙い目になっています。こういった物件や家賃自体もエリア相場よりも安価であることも多いため、住居に掛ける費用を節約したい場合にトータルでピッタリなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加